◎EVENT◎
◆2017.5.3. Wed.〜4.Thu.◆
第6回 KOBEアート&手作りバザール
神戸国際展示場3号館 両日レギュラーブース「け-03」

◎WSのお知らせ◎

◆日時につきましてはご希望をお問い合わせ下さい◆
*大阪府富田林市市内で随時
出張も致しますので、お気軽にご相談下さい







◎Facebook◎


・・青空のゆくえ・・
<< 【order】Couleur préférée | main | 第64回まじめな石の勉強会「ツドウ」終了しました >>
天然石を扱う方向けセミナーのお知らせ
次回「ツドウ」の告知です

次回ツドウは22日(日)となっており 午前は水晶の4回目を開催します
天然石のこと学んでみたい・・と思っている方向けです
途中からの参加でも大丈夫となっております
10時半から12時の開講で受講料は2800円となっております

そして本編の午後のツドウですが 今回はパワーストーンをはじめとした
天然石を使ったアクセサリー・ジュエリー製作を行っている人向けの講座内容となっております
以下 主宰の喜多先生からのメールの抜粋となります

今回は、「宝石・鉱物の処理の情報開示と消費者契約法などの遵守」についての内容とします
 
鉱物でも宝石でもそれらに関わる方々には、この消費者契約法の存在すら知らない方もおられて、危惧します。
 
この法律の実際の運用と情報開示に関心が強くなったのは、昨年日本ジュエリー協会が「宝石もしくは装飾用に供される物質の定義および命名法に関する規定」を改めたときの説明会でのレクチャーからでした。
 
果たして、ジュエリー協会が話す内容通りに取り組むべきなのか?
それよりも、消費者契約法自体の運用とそれが有効となるのは、どのようなケースか?等に今回取り組みます。
 
この4月1日からは、景品表示法も改正内容で施行済みです。この国の消費者は、結構手厚く保護されていると言えます。
法律は、それを知る者にしか味方しないのは、事実です。
法に抵触する事態を招いた時、消費者相手に事業を営む者が「そんな法律なんか知らない」は、通じません。


景品表示法にピンと来ない方は多いかと思いますが パワーストーンを商材として扱ってる方にとっては
きちんと理解しないでお客様に説明を行っていると 大変なことになりそうです
SNSなどのツールの発達に伴い 販売が簡単に出来る世の中になりました
心をこめて製作した作品を お客様に安心してご購入いただけるように・・学びませんか?

午後のツドウは13時から16時予定
場所は大阪心斎橋「南船場会館」(フロアは当日ホワイトボードに記載)
受講料3800円(テキスト代金含む)

午前・午後ともお申し込みはツドウサイトより20日正午まで受付

様々なセミナーがございますが こういった販売する上で大切なことを学べる機会は
なかなかないのが実情だと思います
この機会に足を運ばれてはいかがでしょうか?



ツドウ公式サイトは→コチラ





猫ちゃんペンダント販売中です♪
 


現在 「100の縁と繋がる企画」開催中です→コチラ


 





12:52 石の勉強会「ツドウ」 comments(0) -
COMMENT