◎EVENT◎
◆2017.5.3. Wed.〜4.Thu.◆
第6回 KOBEアート&手作りバザール
神戸国際展示場3号館 両日レギュラーブース「け-03」

◎WSのお知らせ◎

◆日時につきましてはご希望をお問い合わせ下さい◆
*大阪府富田林市市内で随時
出張も致しますので、お気軽にご相談下さい







◎Facebook◎


・・青空のゆくえ・・
<< 【order】Je porte à travers foi | main | 【告知】第15回石の勉強会「ツドウ」・第5回ワイヤーアクセサリー講座 >>
team Sala 始動




 可愛い子犬や子猫が並ぶペットショップ。
その裏側で、どういったことが起きているか。。そういうことを考えたことがありませんでした。
売れ残った子、少し大きくなってしまってショーウィンドウから消えてしまった子。
そんな子たちの行く末をご存知ですか・・・?

 いつ頃だったでしょうか・・・
委託先のBloom Riraさんの車の中に、数個のケージが並んでいました。
その中には数匹のわんちゃんがいました。悪徳ブリーダーから引き上げてきたわんちゃんの一時預かりだったそうです。
どの子も泣かず、悪臭を放ち、手を差し出しても哀しそうに見つめる子たち・・・
この子たちは、身体がボロボロになるまで繁殖犬としてブリーダーに飼われてた子たちでした。
小さなケージから出される時は、繁殖行為をする時だけ。
名前を付けられることもなく、抱っこされることもない、愛情を全くかけられたことのない子たち・・・
どの子にも、全く表情がないのです。
その子たちの前で、暫く動けなくなりました。車の扉を閉めることも出来ず、ただ、その子たちの姿を見つめることしか出来なくて。
日本国内にはこんな子たちが、もっともっと沢山いることを知りました。
そして、保護団体などが助けだしていること、それも叶わず未だ「繁殖の道具として使われる子」が沢山いること、役にたたない「道具」になれば保健所で殺処分される子、使い捨ての「道具」のように殺されてしまう子たち・・・
同じ生命に生まれても、幸せな家庭で暮らす子もいれば、その裏でこうした残酷な目にあってる子が沢山いる・・・

 Bloom Riraさんで一時預かりしていたダックスフンドの子。
本当に無表情でした。でも、日毎に人に抱かれることの暖かさを知り、いろんな人に撫でてもらって、どんどん表情が出てきたのを思い出します。
今では、新しい里親さんの元で元気に暮らしてることを聞きました。

 我が家にも一匹のわんこがいます。
私の元でスヤスヤと眠るこの子のお母さんも、こんな目にあっていたのでしょうか・・・

 昨今のペットブームで、ペットショップもブリーダーも増える一方だとか。
でも、その分、そんな風に悲しい思いをしている犬や猫が沢山いる現状・・・
目の当たりにして、知ってしまった以上、何か出来ることはないだろうか・・・と、Bloom Riraさんに集まった有志たちで結成された「team Sala」
Salaと言うのは、Bloom Riraさんのところに来た引き上げ犬のサラちゃんの名前をいただきました。


 先日、その「team Sala」の第一回目の活動として、殺処分される子たちのレスキューをされている「LEY LINE」の金本さんをお迎えし、現状をお聞きしました。
そして、これから私達に出来る小さなことから、始めようと話をしました。
どんなことが出来るかは分かりませんが、例え1匹でも、悲しい思いをする子が減るように、活動を始めることになりました。
また、こちらでもご案内出来ればと思っています。

 ペットショップで、お金を払って子犬や子猫を迎える前に・・・
是非、里親になるという方法を検討してみてください・・・





JUGEMテーマ:ペットのこと





03:10 team Sala comments(0) -
COMMENT